人生の後悔20選|失敗しない選択と未練のない生き方のコツ

誰にとっても「やった後悔」よりも「やらなかった後悔」の方が多く、それ以上に「知らなかった後悔」の方が多いものです。 「後悔先に立たず」と言われますが、後悔をある程度予防することは可能です。 誰にでもありがちな後悔を知っておくことで、人生の様々なステージで正しい選択を行いやすくなり、後悔や未練の少ない生き方ができますよ。

子どもを作らなかった

女性には妊娠・出産というタイムリミットがあります。そのため子どもを持たない女性が「子どもが欲しかった」と後悔することは珍しくありません。

昔と違い、現代は仕事が忙しかったりするといつの間にか妊娠適齢期を過ぎてしまうこともあります。

必ずしも子どもを持った方がよいとは限りませんが、後から後悔しないためには「子どもを作るのか?作らないのか?」じっくりと考えておくことが必要ですね。


結婚相手を間違えた

結婚相手は人生でもっとも長い時間を一緒に過ごす相手です。

どんなゴージャスな旅行でも嫌いな相手と一緒では楽しめないように、嫌悪感を感じながら過ごす人生が楽しいはずはありません。

結婚相手には完璧を求めるよりも、欠点を含めて愛せる相手かどうかが重要だと言われます。

とはいえ3組に1組が離婚する時代です。どうしても無理だと思ったら離婚する勇気も持ちましょう。


もっと勉強すれば良かった

歳をとってから勉強の大切さを実感する人は多いようです。

普段から勉強を続けている人と、そうでない人では数年単位で見ると仕事だけでなく、人としての魅力においても大きな差がついてきます。

勉強といっても学校の勉強に限りません。趣味を深めたり新しい知識を得ることに貪欲になりましょう。


買い物にお金を使いすぎた

ショッピングには中毒性があります。特にブランドを身につけることで自尊心が満たされるため、借金をしてでも買い続ける人は多くいます。

最近では、高級品を買うような「モノ」消費よりも、旅行などの「コト」消費にお金を使う方が、後々の満足感が高いことも分かっています。

どうせお金を使うなら、ブランド品よりも趣味や習い事、旅行などにお金を使いましょう。


ブラック企業に入ってしまった

過酷な労働環境におかれると、自由になる時間も考える余裕もなくなるため、抜け出すのが難しいとされています。

うつになってしまってからでは遅いです。そうでなくても貴重な時間を無駄にしてしまいます。

「この会社おかしいかも」と思ったら、まずは転職サイトに登録するなど、少しでも行動することで気持ちに余裕ができますよ。


不倫で若い時期を無駄にした

20代や30代の一番きれいな時期に不倫を続け、いつの間にか婚期を逃してしまったことに後悔している女性はたくさんいます。

不倫が良い・悪いという価値観は別にしても、後から後悔するような恋愛は良くないですよね。

今の恋愛が自分の人生にとってプラスになるかどうか、冷静に考えてみましょう。

「分かっていてもやめられない」人は、婚活するなど、他の相手(候補)を探すことから始めてみましょう。


お酒で失敗した

アルコールやタバコが健康に良くないのは当然ですが、特にお酒の飲み過ぎは深刻な失敗をもたらすことがあります。

酔っ払ってのケンカや事故で社会的地位や友人を失ってしまうことは珍しくありません。

アルコール依存症は家族を不幸にし、結果的に自分自身を不幸にします。

取り返しのつかない失敗を犯す前に、アルコールには多くのリスクがあることを意識しておきましょう。


ギャンブルにハマってしまった

ギャンブルには中毒性があるので、負け続けてもやめることができず、多額の借金を抱えるケースも少なくありません。

よく「ゼロからのスタート」と言われますが、多額の借金があったらゼロですらなく、つねにマイナスからのスタートになってしまいます。

借金癖のある人は「借入枠」を貯金と同じように考えてしまいます。キャッシング枠をなくしたり、デビットカードに切り替えることも借金防止には有効です。


他人の目を気にしすぎた

親の目、教師の目、上司の目、世の中の目・・・他人の目ばかりを気にしていると、「自分は何をしたいのか」分からなくなってしまいます。

私たちは自分の人生を生きています。他の誰も私たちの人生に責任をとってくれません。

定期的に旅行したり、静かな場所で1人になり、自分の心と対話する機会を持ってみましょう。


アンチエイジングに気をつかえば良かった

若い時に紫外線を浴びまくったことや、肌のケアに気を遣わなかったことを後悔している女性は多くいます。

20歳の頃は誰でもきれいですが、40歳の頃にきれいでいられるかどうかは、その間のケアにかかっています。

アンチエイジングは化粧品だけではありません。健康的にダイエットしたり、抗酸化食品を摂るなど、内面からの美容にも気を遣うことが大切です。


タトゥーを入れたこと

タトゥーを入れたことを後悔している人も多くいます。タトゥー自体を後悔している人だけでなく、文字や絵柄を後悔している人もいます。

昔に比べて理解されやすくなったとはいえ、「怖い」と思う人が多いのも事実。これからタトゥーを入れる場合、様々なデメリットがあることを十分に理解しておく必要があります。

どうしても消したい場合、タトゥーや傷跡の除去を専門にする形成外科医に相談するのが良いでしょう。


テレビを見過ぎた

「若い時にもっとテレビを見ておけばよかった」と言う意見は聞いたことがないですよね。

日本人は1日平均2時間テレビを見ているそうです。その時間、他のことをすれば、人生の後悔が少なくなります。

たとえばテレビを見ている時間を勉強にあてればたいていの資格がとれますし、家族との会話にあてれば今より何倍も親密になれます。

テレビや、最近はYouTubeなども含め、動画を見るのは楽なので、ついつい時間を浪費してしまいます。意識的にテレビを見る時間を減らしましょう。


好きな人に告白しなかった

誰にでも「忘れられない人」はいますよね。

相手にすでに恋人がいた(結婚していた)、自分に自信がなかったなど、様々な理由から告白できず、何年・何十年も気持ちを抱え続ける人もいます。

たとえ叶わぬ恋でも、はっきりと気持ちを伝えたほうが後悔は少なくて済むことが多いです。ただし、相手や自分が結婚している場合は、「”昔”好きだった」と伝えるなど、周りの人を不幸にしない方法を選ぶのが大人のマナーです。


子育てに十分な手間がかけられなかった

子どもはあっという間に大きくなります。短く貴重な子ども時代に十分なことをしてあげられなかったり、一緒の時間を過ごせなかったことを後悔し続ける人も多いようです。

女性だけでなく男性にも「父親らしいことができなかった」と感じている人は多くいます。

子ども時代の経験は知性や性格に大きく影響します。子どもの人生を考えると、もっとも大切な時期と言えるでしょう。

完璧な子育てができる人はいませんが「できるだけ子どもと過ごす」ことを常に意識するだけでも、子どもとの接し方が変わるはずです。


夢をあきらめてしまった

アメリカの調査では、青春時代に思い描いた夢や目標を実現できたかどうかで人生の幸福度は大きく変わると言われています。

誰もが思い描いた通りの人生を送れるわけではありませんが、夢の叶え方は色々あります。

趣味で続ける方法もありますが、過去の夢とは形は違っても、同じ欲求を実現できることもあるのです。

画家志望から小説家になったり(表現することが好き)、バンドマン⇒起業家になったり(チームで作ることが好き)、自分本来の「好き」を実現できれば、それは夢を実現したということです。

過去の夢の中に自分の「好き」を探してみると、新しい夢の形が見つかるかもしれませんね。


親孝行できなかった

歳をとるほど親の気持ちが理解できるようになり、親のありがたみを感じます。

「親孝行したい時に親はなし」ということわざもあるように、いつまでも親が元気とは限りません。

親が存命中なら電話一本、手紙一枚でも親孝行になります。

親が亡くなってしまった後でも親孝行ができないわけではありません。親の気持ちを考えたり、親が誇りに思うであろう生き方をすることも立派な親孝行でしょう。


健康に気を遣わなかった

私たちは元気な時、健康は水や空気のようなものだと感じてしまいます。そして病気になってはじめて健康のありがたみを感じます。

いつ病気になるかというのは分かりませんが、あとで「もっと健康を大事にすればよかった」と後悔することは避けたいものです。

食事に気を遣うこと、タバコ・アルコールを避けることなどはもちろんですが、意外と見過ごされがちなのが「仕事」です。

あまりにストレスの多い仕事は、過労死やうつ病などだけでなく、胃腸を中心に内臓にダメージを与えます。

体の声に敏感になりましょう。「このままでは体を壊す」と感じたら転職する勇気も必要です。


情報弱者だった

現代では「知らない」ということは、それだけで大きなリスクです。

教育格差は勉強・受験についての情報格差だと言われます。恋愛の格差や仕事の格差も「良い相手、良い仕事を知っているかどうか」によって決まる情報格差の側面があります。

まず「良い情報」を集めるように意識するだけでも、何もしない人よりずっと良い生活を送ることができます。

世の中の情報の80%は簡単に手に入るとも言われています。たとえば結婚や仕事であれば、婚活サイトや転職サイトに登録してみるだけでも「良い情報」に出会える確率は高まりますよ。


結婚しなかった

現代では結婚は絶対的なものではありませんが、一生独身を貫くことは、かなりの覚悟が必要です。

人間はひとりで幸せになることは難しいものです。人生の喜びと悲しみを分かち合えるパートナーの存在は、歳をとるごとにありがたみを増していきます。

結婚に年齢制限はありません。その意味では「結婚しなかった」というのは、まだまだリカバリーできる後悔です。

たとえば40歳の女性であれば、人生は残り40年以上あります。何歳であっても、人生のパートナー探しに遅すぎるということはありませんよ。


チャレンジしなかった

死を間近に控えた人達の70%が「人生でもっとチャレンジすればよかった」と後悔するそうです。

チャレンジの内容は人によって異なりますが、少なくとも「やったこと」よりも「やらなかったこと」のほうが後悔しやすいということですね。

実は「やらなかった」「できなかった」ことのほとんどは今からでもやることができます。大学に入ることもできるし、転職もできるし、結婚も離婚もできるし、お酒をやめることもできます。年齢によって妊娠はできなくても養子をもらって子育てだってできます。

本気になれば大抵のことはやれるものです。「やらなかった後悔」ができるだけ少ない人生を送りましょう。